平成31年度 第1号

平成31年4月17日 第1号 学校便り

 

○さて、春になりました。     校長 和田 孝

 

 

 上の絵からはどのような漢字を思いつきますか。草が生えて、その下には地中から芽吹いている様子が連想できそうです。そして、太陽が照っています。昔の中国の人はこの絵から「艸」+「屯」+「日」を用いて「寒い冬の間、土の中に閉じ込められていた草の芽が、日の光を受けて芽を出そうとしている」という漢字を生み出しました。この漢字の略字体が「春」という漢字です。

 英語では「spring」という単語があります。機械の部品で使われる「スプリング」や「湧き水」、(hotを付け足して)「温泉」といった意味があります。弾み湧き上がるイメージをもつ単語で、ここから春という意味をもつようにもなりました。洋の東西を問わず、人の感性は同じなようです。

 さて、春になりました。「さて」という言葉は、転換をあらわす接続詞です。新たな場面への移り変わりを示します。1年生は中学生になり、2年生は先輩になり、3年生は最上級生となりました。3月まで見てきた景色と比べて、4月になってからの景色への見方や感じ方は大きく変わったことと思います。

 皆さんはこれから多くのことを学び、たくさんのことが出来るようになります。できないことは減り続け、できることが広がり続けます。

 皆さんの成長に期待しています。

更新日:2019年05月16日 11:06:09